2010年06月09日

菅内閣の平均年齢は59歳と若干若い

生活習慣病といわれる高血圧は若いときから予防する事が理想だと言われています。菅内閣が8日に発足したが、内閣の平均年齢は59歳で鳩山内閣より2歳近く若返ったと言う。平成以降の内閣では、第2次小泉内閣(57、6歳)。第3次小泉内閣と麻生内閣(58、2歳)についで若いという。最高年齢は亀井氏の73歳、一番若いのは蓮舫さんの42歳です。40歳代の閣僚は鳩山内閣の2人から4人になった。初入閣は野田財務大臣ら5人で女性は鳩山内閣と同数で2人だ。民間人は麻生内閣以降ない。当選回数では衆議院11回の中井国家公安委員長と亀井氏だ。最小は4回の長妻厚生労働大臣、参議院では千葉法務大臣が4回で最多で蓮舫さんが1回だ。出身大学では東大(中退含む)が6人で最も多いと言う。松下政経塾出身者は、前原氏、原口氏、野田氏,玄葉氏の4人だと言う。これが今日9日の読売新聞で紹介していましたので、ご紹介しました。冒頭に申し上げました生活習慣を見直すには運動、食事はもとより、禁煙、節酒、野菜中心の食事と減塩、そして1年に1度定期健診を行うことで高血圧の予防を真剣に行うことから始まります。
posted by 日々摂生 at 09:15| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。