2009年11月14日

一人親世帯貧困率主要30か国中最悪

厚生労働省は13日、日本の一人親世帯の相対的貧困率が(07年)54・3%で主要30か国中、30番目で最悪である事が今日14日の読売新聞の報道で分かった。母子家庭や父子家庭などの半数以上が貧困状態になる事になる。10月に国民全体の相対的貧困率は15・7%である。相対的貧困率は国民の所得を順番に並べたときに真ん中の更に半分の額を貧困線と定め、それに満たない人の割合を示したものだ。今回の貧困線は07年の国民生活基礎調査を基に114万円とされた。民主党は母子加算を復活するなど対策を講じているが、まだまだ一人親世帯の貧困率は高いのである。これでは当然健康に良い食事を選ぶのは難しい、しかし日本食そのものは非常に栄養価に富んでいます。生活習慣を見直すには絶好のチャンスといえます。手軽に出来るウオーキングを伴って自分の健康を守るには高血圧を予防する事が何より大切な事である。
posted by 日々摂生 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。