2009年11月24日

鳩山総理よ堂々と党首討論やるべきだ

民主党の鳩山総理は、自民党からの党首討論を避けているような気がしてならない。個人(故人?)献金問題があるから?いやあ、それは堂々とやり返せばいい。秘書が本当にやったのであれば、けしからんでは済まされないので、その経過説明を検察の捜査に影響が出るとか出ないとか言ってるが、秘書の任命責任もあると思いますので、政治改革を今後やりますと約束してひたすらお詫びして国民の理解を得るしか方法はないように思いますがどうでしょうか?秘書は首にしたのだし、国会通じて政治と金について透明性を持たせるなど、前進させるしか方法はないでしょう。一日も早く国会を正常化させる方法を考えた方が良いと思います。とにかく今まで自民党が出来なかったことをどんどんこなすことが国民に訴える最大の武器であると思います。健康だってそうです。すっきりした気持ちでいると血流も自然と良くなります。高血圧を改善させる方法としてはやはり、歩いて足腰を強化することと、高血圧を予防するための対策をキチント決めることが何より大事なことだと思います。
posted by 日々摂生 at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。