2010年01月30日

内藤大輔亀田興毅に再挑戦

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級前チャンピオン内藤大助選手(35)が都内で記者会見して、現役続行を表明前回対戦して王者を追われた亀田興毅に挑戦したいとしている事が分かった。やはりあの負け方に悔しさがにじみ出ていただけに、なんとしてももう一度カムバックして鬱憤を晴らしたいところだ。内藤は昨年11月に亀田に判定負けし6度目の防衛に失敗した。その当時引退も考えたと言うが、チャンピオンとしてプライドがどうしても過ぎり再挑戦して納得の行く選手生活にしたいようだ。日本人最年長王座防衛記録を持っているが、どうしてももう一度亀田と決着するまでは現役を続けたいようだ。健康も途中であきらめる事は絶対にいけません。これから寒くなると血圧の高い人にとっては辛い日が重なります。どうしても気をつけないといけないのが温度差により心筋梗塞、脳梗塞である。メタボと高血圧は非常に密接な動きがあります。食べすぎ飲み過ぎによってメタボが進み、挙句の果てに血圧が上昇したと言う話は良く聞きます。肥満状態になると内臓脂肪が増え高脂血しょうに陥ります。高血圧、高血糖のいずれかが上昇し生活習慣病が同時に進行し自覚症状なく進みます、その結果、脳梗塞や心筋梗塞の危険性が出てくるわけです。それらを予防するには先ず減塩対策と運動はもとより、酢を飲むと良いと言われています。酢大豆でも良いし、手軽に自分にあった食べ方が良いでしょう。酢は内臓脂肪を減らす働きもあるといわれていますのでメタボ、高血圧の予防と一挙両得の効果が期待できます。どうぞお試しになられてはいかがでしょうか。
posted by 日々摂生 at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。