2010年03月06日

本当に沖縄県民の希望が取り入れられるのか

最近手軽に血圧測定が出来るようになり、高血圧予防も進化してきました。いま最大の話題は沖縄普天間飛行場の移設問題です。政府は今月中に移籍先を決めると鳩山総理は断言したが、果たして沖縄県民の意向を考えてくれるのか疑問視する向きがあります。仲井沖縄県知事は平野官房長官と電話で具体的説明が得られなかったことに不快感を示したようだ。平野官房長官はこの問題についてルース駐日米大使と会談、鳩山総理が5月末とした決着期限を守る意味でトラストミーとルース駐日大使に言ったという。と言うことは米国の考えに近い解決案を持っているので任せてほしいと言ったようなものだ。これでは仲井沖縄県知事も面白くないと思います。沖縄県民の意思を無視して先に米国の考えを聞こうとは沖縄県民の民意をおろそかにしていると思われても仕方がない、名護市長選挙は何のために移設反対市長が当選したのか鳩山総理はじっくり考えたことがあるのだろうか、沖縄県民の意思を反映させると何度も言っているがそれが幻になろうとしている現在、もう少し丁寧に沖縄県民に説明し了解をとらないと今は沖縄県民は静かにしているがいつ何時爆発するかわからない。鳩山総理も沖縄の人を絶対に甘く見てほしくない。政府案を出す前に仲井知事には了解を取るなど根回しをキチンといったほしいと思います。どうしても移設先が国外も駄目結局は沖縄県内としてほしいと思います。そうでなければ沖縄県民の理解が得られません。健康も同じです。はっきり予防方針を決めてから取り掛からないと前に進めません。生活習慣病の予防には共通して適度な運動と塩分控え目にする、これは体調管理にしろ高血圧の予防にしろ健康のバロメーターでもあり健康を守る基本である。
posted by 日々摂生 at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。